岸本建設

和歌山のリフォーム&増改築なら
株式会社岸本建設まで

フリーダイヤル0120-435-055 リフォーム小冊子資料請求
HOME > リフォームについて > リフォームのポイント

リフォームについて

リフォームのポイント

外壁、浴室、キッチン…と様々な項目のあるリフォーム。
ここでは「こうリフォームを行うとより快適になる」という
リフォームすべきお勧めポイントなどをご紹介します。

POINT 浴室へPOINT 浴室へPOINT 浴室へPOINT 浴室へPOINT 浴室へ POINT 浴室
室内の寒さからくる負担にはユニットバスがおすすめ!

浴室は住まい手にとって一番リラックスできる場所ではないでしょうか。それなのに冬の一番風呂は、足元や浴室内が寒く嫌な思いをしていませんか。 何より気温の大きな変化は体に負担をかけ、特に高齢者は注意が必要です。 そこでぜひユニットバスにされることをお勧めします。 機種により足元が冷たく感じなかったり、暖房付換気扇を装備することにより寒さを解決。 また防水、気密性の高さから一度温まるとなかなかさめにくくなっています。

浴室イメージ POINT BATH ROOM POINT キッチン
汚れ対策にはキッチンパネルを選ぶのがベスト

キッチンで重要なこと。料理のしやすさはもちろんですが、なんといっても清掃がしやすいというのは外せないと思います。 従来では壁にタイルを張ることが多く、目地の汚れがどうしても残ってしまいました。それを解決するのがキッチンパネルを張ることです。 キッチンパネルとは1m×2m程度の不燃の部材です。 目地はゴム製で1、2本で収まり非常に掃除がしやすくなります。

キッチンイメージ POINT KITCHEN POINT 床の張替え
調湿効果のある無垢の床材に変更で快適な住空間へ

床は物を落としたり、水をこぼしたりなどでとても汚れやすく、傷つきやすい場所です。床の張り替えは綺麗にするのと部屋のイメージを変えるには最適の場所です。私どもは、無垢の床材をお勧めしています。無垢材は素材をそのまま使用するためとても美しく、温かみのある気持ちのいい空間となり過ごしやすくなります。また無垢材は調湿効果があり、空気が湿っているときは吸湿し、 乾燥しているときは放湿し、快適な住空間を得られます。

床のイメージ POINT FLOOR POINT 間取りの変更
使わない部屋は広く快適な空間に…

30年前に建てた家の間取りは、今の生活にあっていますか? 物置と化した応接間。使わなくなった子供部屋。いっそうのこと間取りを変更し、今現在のライフスタイルにあった住空間にしてみてはいかがでしょうか。 趣味の部屋や夫婦のプライベート空間。いろいろな空間創造が可能です。 もちろん家の耐震性などは落とさずに進めていきます。

間取りの変更のイメージ POINT PLAN OF A HOUSE POINT 建具
複層ガラスにアルミと樹脂の複合サッシに変更が○!

木製建具のため気密が悪く、隙間風が入って暖房や冷房が効かないということはないですか。またアルミサッシだが冬場の結露がひどく困っていませんか。このような方には複層ガラス(ペアガラス)にアルミと樹脂の複合サッシをお勧めします。 複層ガラスは断熱性・防露性・遮音性が高く優れた性能をもっており、複合サッシは内装材に接するところを樹脂とすることで、結露を防止する性能があります。樹脂の熱伝導率はアルミの約1000分の1といわれています。

サッシのイメージ POINT FITTINGS 岸本建設 0120-435-055 WEBからも受付中!

→ TOPへ戻る